思っている以上に皆がセフレを作っている

僕の友達が最近になってセフレを作り始めたそうですが、正直少し疑問に思ったのです。
こう言っては失礼かもしれませんが、友達はお世辞にもルックスが良いとは言えないのです。
もちろん、話していて楽しいですし、性格も凄くいい奴なのですが、「セフレを作るのは向いていないのでは?」と思ったそうです。

でも、すぐにセフレができたことを報告してきて、写真なども見せてもらったので、思わず驚いてしまったのです。
それと同時に、身近にセフレを作る人がいることにも、少し戸惑いを感じてしまいました。

何せ、僕にとってセフレというのは、全く縁のない存在だと思っていたからです。
自分はもちろんのこと、周囲にセフレを作る人がいるなんて、全く思っていなかったのです。
ですから、身近な友人がセフレを作っていることに、驚きを感じたわけです。

ところが、友人の話を聞いてみると、どうやら知り合いから教えてもらったことをきっかけに、自分もセフレを作ろうと思ったそうです。
つまり、友人の周囲にも、同じようにセフレを作っている人はいるわわけです。
それを考えたら、もしかしたら他にも自分の周囲で、セフレを作っている人はまだまだいるのかもしれません。

案の定、他の知り合いもセフレを作っていることがすぐに分かりました。
僕がさり気なくセフレの話題をしてみると、知り合いが「実は俺もセフレがいるんだ」と言ったのです。
やっぱり、僕が思っている以上に皆、セフレを作っているわけなのです。

それを知ったら、僕としてもセフレを作りたいと思ってしまうわけです。
ほとんどの人が、出会い系サイトやセフレ系サイトを利用していると聞いたので、僕もチャレンジしてみることにしました。

セフレを作る最適な行動手段と言えば

セフレとの生活を夢見る男性にとっては、どうすればその夢を叶えることができるのか。
もちろん、まずは行動をしないことには始まらないわけですが、問題はどういった手段を用いるかです。

例えば、街中の女性に片っ端から、「セフレになってください」と声をかける方法もあるでしょう。
しかし、それはあまりに成功率が低すぎますし、不審者だと思われて通報されかねません。
そういった非現実的な方法ではなく、もっと現実的で効率の良い行動手段を選ぶ必要があるのです。

やはり今の時代に合った方法がいいわけですから、そうなれば活躍するのはインターネットです。
出会い系サイト、交流サイト、セフレ専門サイトなど、そういったサイトでセフレを探していくわけです。

こういったサイトなら、気軽にアプローチをすることができますし、片っ端からメールを送っても問題はないわけです。
何より、女性側も出会うことを前提として登録をしているわけですから、街中で声をかける場合とは状況が全く違うのです。

もちろん、インターネットを活用したからと言って、セフレが作れるという保証があるわけではないですし、結局は成功できるかどうかは自分の行動次第なのです。
自身でしっかりと行動をして、セフレを作れるように努力をしていくことが、何よりも大事な要素になるのです。

ただ、少なくともセフレを作る上で最適な手段であることは間違いないでしょうし、誰にでも平等にチャンスがあるという意味では、理想的な方法だと言えるかもしれません。
だからこそ、夢を現実にすることも十分に可能なわけですし、決して諦めてはいけないのです。

最初は割り切る気持ちでいたとしても

セフレを作る人のほとんどは、最初は割り切る気持ちで関係を持つものです。
そもそも、最初から深いお付き合いをしたいのであれば、恋人としての付き合いを望むはずですから。

ただ、最初は完全に割り切る気持ちでいたとしても、3ヶ月や半年と付き合い続けることで、徐々に相手に対して特別な気持ちを持ってしまったり、感情を抑えきれなくなってしまうことも多いのです。
それによって、割り切った付き合いができなくなり、セフレを超える関係を望むようになるのです。

しかし、そうなれば面倒な状況になってしまいかねませんし、別れられない関係になってしまうと、それはそれで今後の生活に支障をきたす可能性もあるのです。
新しく恋人を作ることもできないでしょうし、仕事にも影響を与えてしまいかねないのです。

だからこそ、長く付き合い続けても常に割り切りの関係を維持できるように、意識をしていかなければならないのです。
むろん、意識だけでは難しい面もあるので、行動の中でも実行していくことが重要となります。

例えば、セックス以外では一切関係を持たないようにする、普段はメールの連絡すらほとんどしない、あまりお互いに気を遣わないようにする、ひたすら快楽だけを求めるなど、様々な行動の中で割り切った関係を維持できるよう努めていくようにしましょう。

むろん、上記のような行動を全て心がけて、なおかつ意識もしっかり持ち続けたとしても、相手に感情を持ってしまうことはあります。
その時は、いっそのこと恋愛関係になれるように切り替えた方がいいかもしれません。
そのためには、当然ですが相手にも納得してもらう必要があるので、決して容易なことではありませんが。

出会い系は庶民が利用するイメージがありますが

出会い系サイトを利用する人は、どちらかと言うと庶民が多いイメージがあるかもしれません。
それなりにお金を持っている人は、豪華なパーティーやイベントなどで出会いを探し、出会い系サイトなど利用しない印象を受けます。

しかし実際は、お金持ちの人でも出会い系サイトを利用する傾向は強いのです。
むしろ、お金を持っているからこそ、出会い系という選択肢を選ぶわけです。

基本的にお金をたくさん持っている人は、時間にあまり余裕がないケースが多いです。
仕事でそれなりの地位に就いている可能性が高いので、なかなかプライベートの時間を持てないのです。
そのため、お金はあるものの、出会いを探す時間がほとんどなくて、結果として独り身になりやすくなるのです。

だからこそ、いつでも利用できる出会い系サイトを用いて、少しの空き時間や数少ない休日に出会いを探すわけです。
出会い系であれば、プライベートの時間をあまり確保できない人であっても、十分に出会う機会を見つけることができるのです。

幸いにもお金はあるわけですから、デート代などを気にする必要は一切ないわけです。
また、セフレを作る場合であっても、ホテル代や食事代なども全てこちらが負担をすれば、それだけ応じてもらえる可能性も高くなるのです。

何より、お金を使うことでより質の高い出会い系サイトを利用することもできますから、セフレであっても純粋な出会いであっても、成功できる確率は高まると言えるのです。
そういう意味では、お金持ちだからこそ出会い系サイトは大いに活用する価値はあるわけですし、決して庶民だけが利用するサイトではないのです。

セフレとの最適な距離感はどれぐらい?

上手くセフレ関係を築けない大きな要因に、距離感を上手く取れないことが挙げられます。
距離感の取り方を失敗してしまうと、割り切った付き合いをすることも難しくなるのです。
では、セフレとの最適な距離感はどれぐらいなのでしょうか?

まず、当たり前ですが距離感が近すぎると、セフレ関係なんて続けられるわけがありません。
そもそも、完全に割り切った関係を望んでいるはずなのに、お互いの距離感が近いというのは明らかにおかしいのです。
ですから、距離感が近いというのは論外だということを覚えておきましょう。

一方で、あまりに距離感が遠いのも少し問題があるかもしれません。
いくらセフレの関係とは言っても、人間同士が付き合うわけですから、一切何も感情を持たずに、ただ機械的に接するのもどうかと思うわけです。

極端に言えば、ほとんど一言も会話をせずただセックスをするだけだと、数回ぐらいでマンネリを感じてしまい、すぐに別れてしまうことになるかもしれません。
やはり楽しいセックスをするためには、多少はお互いのことを知る必要がありますし、完全な無関心は良いとは言えないのです。

距離感を数値で例えるなら、恋人関係を10、友達関係を5、単なる顔見知りの関係を1とすれば、セフレ関係は3から4ぐらいの距離感がいいかと思います。
これぐらいなら、面倒な関係になることもないでしょうし、必要以上に深い付き合いになることも防げるでしょう。

正直なところを言えば、セフレとの最適な距離感というのは、人によってそれぞれ違うわけですから、自分たちにとって最も良い距離感で付き合えばいいでしょう。

Copyright© 2010 出会えるセフレ募集サイトランキング All Rights Reserved.